Mandate of V2V technology (車車間通信の義務化)

A mandate of V2V technology on self-driving cars is indispendable for Level 5 autonomy to become feasible.

車車間通信技術を自動運転車に義務化することは、レベル5の自動運転を実現するために不可欠だ。

※mandate of V2V technology = V2V(車車間通信)技術の義務化

※ is indispensable = 不可欠である

※Level 5 sutonomy = レベル5の自動運転

CASE (コネクティビティ、自動運転、カーシェア、電気自動車)

Mercedes-Benz puts strategic focus on CASE, which stands for Connected, Autonomous, Shared, and Electric vehicles.

メルセデスベンツは略してCASEと呼ぶ、コネクティビティ、自動運転、カーシェアリング、電気自動車、に戦略的な焦点を当てている。

※CASE= ケース(connected, autonomous, shared, electric の略語)

※stand for = 表す

※strategic focus = 戦略的焦点

HUD (ハッド、ヘッドアップディスプレイ)

The HUD shows the information of the instrument cluster in the driver’s line of sight so that he does not have to take eyes off the road.

ヘッドアップディプレイはインパネの情報を視線の高さに表示するのでドライバーは道路から目をそらさずに済む。

※HUD = head-up display, ハッド、ヘッドアップディスプレイ

※instrument cluster = インパネ

※in the driver’s line of sight = ドライバーの視線に

※take eyes off the road = 道路から目を離す

Artificial Intelligence (人工知能)

The number of in-vehicle systems with Artificial Intelligence is expected to increase.

人工知能を使った車載システムは増加すると予想されている。

※in-vehicle system = 車載システム

※Artificial Intelligence = AI, 人工知能

 

Ride-hailing service (配車サービス)

Uber is a popular ride-hailing service to pick up a person who hails a car via the smartphone app and drive him/her to the destination.

ウーバーはスマホのアプリ経由で車を呼ぶ人を拾って目的地まで乗せてくれる配車サービスだ。

※ride-hailing service= 配車サービス

※pick up a person = 人を拾う

※via smartphone app = スマホのアプリ経由で

 

 

Over the air (無線ネットワーク経由で)

Updating in-car software over the air may not be safe.

車載ソフトを無線ネットワーク経由でアップデートするのは安全でないかもしれない。

※over the air = 無線ネットワーク経由で。 略してOTA と言う。(OTA update、など)

IoT (モノのインターネット化)

The IoT in automotive indusry is expanding as OEMs introduce introduce connectivity features in their cars.

メーカーが車へコネクティビティ機能を導入するのに伴って自動車業界でのモノの インターネット化が広がっている。

※IoT = モノのインターネット化 (Internet of Things)

※OEM = メーカー(ここでは自動車メーカー)